top of page

Sunday School 12U Tactical and Game 2023.3.26


アイスホッケーにおいてトランジッションプレーとは、攻守の切り替えやパックの奪い合いなど、試合中におけるプレーの流れの変化に対応するためのプレーのことを指します。アイスホッケーにおいてトランジッションプレーを高めるためのスキルは、以下のような点が挙げられます。



トランジッションプレーにおけるスキル


  1. スケーティングスキル:トランジッションプレーはスピードが重要なため、高度なスケーティング技術が必要です。スムーズな加速や急停止、方向転換を素早く行うことができるようになることが重要です。

  2. パックハンティング:トランジッションプレーにおいては、相手からパックを奪うこと(ハンティング)が重要です。スティックを利用したディフェンスのスキルを使い、適切なタイミングでパックを奪い取ることが必要です。

  3. パススキル: 攻守の切り替えにおいては、素早いパスが必要となります。正確なパスを出すことができるスキルが必要です。

  4. スキャンアイス: 「スキャンアイス」とは、目視でリンク全体の状況を把握することを指します。トランジッションプレーにおいては、素早い状況判断が必要となります。常にスキャンアイスを行い、素早く判断することで、チームの攻守切り替えがスムーズに行えるようになります。

  5. トークサポート:「トークサポート」とは、パックを持っていない選手がパックを持っている人に対して、声によって位置や周囲の状況を伝えるコミュニケーションスキルのことです。トランジッションプレーはチーム全体で行われるため、このトークサポートのスキルが重要です。適切な情報共有や声がけができることが必要です。

これらのスキルを持つことで、トランジッションプレーが行われ、チームの攻守の切り替えがスムーズに行われるようになります。そのため、アイスホッケーにおいては、トランジッションプレーにおけるスキルは非常に重要な要素の一つとなります。



3月26日(日)のサンデースクールでは、攻撃から守備への切り替えに焦点を当てたトランジションプレーのプログラムを実施しました。


0326-Drill

Players

[Concept]

Offense⇄Defense


[Subject]

Transition play


[Drill] 1) AS-12U Back check puck tracking

2) AS-12U 1on1 Transition

3) Full Ice Game



2) AS-12U 1on1 Transition




Goalies

[Drill]

1. Skating Drill

  1. フォア&バック

  2. ひざ付きスピン

  3. ジャンプ&フリップ

  4. スピン&ジャンプ 以上4種類のドリルはフォア~バック~フォアの回転方向はすべて左回り。できるようになったら右回りも行う。

  5. 片ひざ付き

  6. バックスケーティング片ひざ付き


2. Station Drill

・eye tracking

・リバウンドコントロール

を兼ねたウォームアップドリル



次回の開催は、新年度の4月23日からスタートとなります。


2023年度 Sunday School 申込フォーム

Comentários


bottom of page