top of page

Sunday School 12U Tactical and Game 2022.10.9



10月9日(日)Sunday School は、N-Zoneのオフェンスをコンセプトとし、 Neutral Zone(以下NZ)のプログラムを行いました。グループ戦術中心のトレーニングドリルを行い、最後に条件設定をしたフルアイスゲームを行いました。


1009-Drill

Players

[Duration]

Cycle4 / Week1


[Concept]

NZ / Offense


[Subject]

Neutral Zone Regroup

Double Swing


[Drill] 1) AS-12U Swing shooting

2) AS-12U 2on0 D-D pass double swing

3) AS-12U 2on0 D-D pass double swing with shot Decision Making

4) Full Ice Game(5on0 NZ Regroup → 5on5)


 今回のNZ オフェンスは、レーン移動のRegroup をコンセプトとして設定しています。前回はレーンを固定した攻撃に対して、今回は大きくスイングしレーンを移動する戦術です。これは主にパックを持っている選手(この場合DF)に時間とスペースがあり、また相手も引いている状況時に使用できます。また、FWはスピードに乗ったまま相手のゾーンにエントリーできるため守る側にとっては非常に脅威になる攻撃です。


 下記の画像、左方向に攻撃する場合、リンクを縦に3分割したエリアをレーン(Lane)と呼びます。左側から「Left - Middle - Right」レーン となります。前回のNZ オフェンスでは、選手がレーンに固定したままAZへエントリーする戦術でした。


レーンと前回のNZオフェンス

今回は、スイングしてLeft からRightへ大きくレーンを移動する戦術です。


1) AS-12U Swing shooting

Key Point(FW)

  1. 大きくスイング

  2. レーンを変更

  3. センターライン付近でパスをレシーブ

Key Point(DF)

  1. 前後や横に動きながらパスのタイミングはかる

  2. FWがセンターライン付近でレシーブできるタイミングでパス



2) AS-12U 2on0 D-D pass double swing

 次にFW2プラスDF2が入り4人が連携するトレーニングです。Drill1と違う点は、F1とF2が同時にレーンを移動(ダブルスイング)する点です。ここでのポイントは、ダブルスイングにより、スピードを持った攻撃をすること。これに加えて味方のD2に対しパスの選択肢を2つ作り出すことです。

Key Point

  1. DF Moving passing and receiving

  2. FW Good timing double swing




3) AS-12U 2on0 D-D pass double swing with shot Decision Making

 Drill2に続き、4人が連携する動き方に変更はありませんがコーチが敵役となり、DFの意思決定が加わります。オプションは2つあり、敵のポジションやプレッシャーのかけ方によって最適なプレーを選択し(ライトサイドorミドル)その選択肢からプレーの実行(この場合はパス)をします。


4) Full Ice Game(3on2 A-Zone entry → 5on5)

 Drill1〜3をまとめた条件付きのゲームです。1回目のホイッスルで5on0 リグループからスタートします。3秒ほど経過した時点で守りの5人が一斉にスタートして5対5となります。攻撃側はスピードを利用しシュート&スコアが狙いです。一方で守備側はD-zoneへ戻る動き(バックチェック)など相互にゲームセンスを養う狙いがあります。



Goalies

[Drill]

1. Skating Drill

  • C cut forward & backward

  • C cut forward Butterfly & backward

2. Station Drill
















Comments


bottom of page