top of page

ゴーリーと連携したブレークアウト 2023.4.23 Sunday School

更新日:2023年5月15日

アイスホッケーにおけるブレークアウトは、チームの攻撃的なプレーの一つであり、成功することで相手チームの守備を崩すことができます。ブレークアウトの成功には、ゴーリーとの連携が重要な役割を果たします。




アイスホッケーにおけるブレークアウトの練習では、ゴーリーとの連携が重要です。ゴーリーがどのような位置にいるかを把握することで、選手は相手のフォアチェックをかわしやすくなり、スムーズな攻撃を展開できます。



以下に、アイスホッケーでゴーリーと連動しながらブレークアウトする練習の重要性と、ルーズパックがゴーリーに流れた場合や、シュートを打たれた後のリバウンドなど、ゴーリーにパックがある場合のサポートはどのような方法があるのかを説明します。


試合中、ルーズパックがゴーリーに流れた場合や、シュートを打たれた後のリバウンドなど、ゴーリーにパックがある場合は、プレーヤーはどのようなアクションをする必要かを考えてみましょう。


ゴーリーがパックを持っている場合、プレーヤーは、

  1. ゴーリーを迅速にサポートする

  2. プレーヤーは、ゴーリーがパックを処理するために必要なスペースを作る

  3. プレーヤーは、ゴーリーに対して的確かつ迅速に情報を伝える(コミュニケーション)

1) AS-12U Break out with Goalie(Wheel)


シュートを打たれた後のリバウンド、ゴーリーにパックがある場合は、選手たちはゴーリーをサポートすることが必要です。サポートの際は、ゴーリーに近くなり過ぎず、ゴーリーがパスを出せるスペースと、自分がパックを受け取るスペースを作る必要があります。



また、リバウンドしたパックを早めに処理することで、ゴーリーが再びシュートを防ぐためにポジションを取るのを支援することができます。


リバウンドしたパックを受け取ったプレーヤーは、素早く相手チームのプレッシャーをかわし、攻撃を展開することができます。このように、ゴーリーにパックがある場合でも、プレーヤーたちがサポートすることで、より効果的な攻撃をすることが可能になります。


2) AS-12U Break out with Goalie(Over)


ただし、ゴーリーとプレーヤーのコミュニケーションは、短く簡潔なものであるべきです。試合中は時間が限られており、選手たちは素早く行動する必要があります。そのため、ゴーリーが的確かつ迅速に情報を伝えることが重要です。


3) AS-12U Break out with Goalie(F+D)


最後に、アイスホッケーにおけるブレークアウトという攻撃的なプレーは、チームの連携とプレーヤーたちの技術力に大きく影響しています。チーム全員が役割を理解し、ゴーリーとの連携を取りながら練習を重ねることで、より効果的なブレークアウトが展開できるようになるでしょう。



Sunday School Drill


Drill 0423

1) AS-12U Break out with Goalie(Wheel)

2) AS-12U Break out with Goalie(Over)

3) AS-12U Break out with Goalie(F+D)



Goalie Drill

AS - GK Straight Line Skating 1

AS - Directing the loose puck







5月スケジュール

  • 5月14日

  • 5月28日 

時間:20:15:21:45(1.5h)


申込みフォーム

Comments


bottom of page